沖縄県の交通事情に注意しましょう

沖縄県を観光するにあたって、レンタカーを使用する方は非常に多いです。
本記事では、そんな沖縄県の交通事情についてご紹介いたします。

沖縄県でレンタカーを走らせる以上は渋滞することを織り込んだ上で走行しましょう。

沖縄本島の道路をレンタカーで走行する場合、那覇市を中心にほとんど渋滞していることに注意が必要です。
モノレールやバスなど、その他の交通手段も充実しているものの、沖縄は車社会なので、移動手段としては車やバイクが主に利用されています。
那覇の渋滞は全国でも最も酷い地域として挙げられますが、特に、出勤時と退勤時の時間帯は最大級に渋滞が酷いので注意しましょう。
日本の経済の中心地である東京や大阪以上に沖縄の渋滞問題は深刻なので、沖縄でレンタカーを走らせる以上は、渋滞は当たり前と考えることが大切です。

沖縄県のアスファルト道路に含まれている石灰岩によって雨が降ると非常に滑りやすくなってしまいます。

沖縄のアスファルト道路には石灰岩が含まれているので、雨が降ると非常に滑りやすくなります。
石灰岩はとてもやわらかいために摩耗しやすいため、特に水にぬれるととても滑りやすくなる性質を持っています。
ですから、慣れない内は、雨が降って来たと思ったら、特に降りはじめは滑りやすいので慎重に走行することが大切です。

沖縄県には特定の区域や時間に限ってバスしか走行できないバスレーン規制が存在します。

沖縄には、バスだけが走れる車線であるバスレーン規制が存在します。
制限区域や制限時間内に限っては、バスレーンはバスしか走行できない決まりなので、注意が必要です。
基本的に朝と夜が規制時間帯ですが、万が一、規制時間帯にバスレーンを走行してしまった場合は、罰金6000円と減点1点が科されるので注意しましょう。

車線が少ない道路などでは朝や夜などの時間によって中央線が移動するので注意が必要です。

車線が少ないために混雑しがちな道路では、既定の時間に限って、中央線の位置を移動する区間が存在します。
例えば、朝は2車線だった道を通って観光地をめぐって帰ってきたら、帰りの夕方には1車線になっていたというケースも考えられます。
地元の沖縄県に住んでいる方でも、通り慣れていない道では誤って逆走してしまうこともあるほどなので、厳密な注意が必要です。

レンタカーを使って沖縄県をめぐる際には、沖縄県に特有の道路事情をしっかりと把握してから走行しましょう。

関連記事: